「最初からブラック企業とわかっていたら入社しなかった!」

「最初からブラック企業とわかっていたら入社しなかった!」ほとんどの経験者がこう言います。 確かに、ブラック企業なのかどうかを見極めるのは、入社前では至難の業。中小企業でもきちんとした会社はありますし、大手企業だからといって安心できるわけでもありません。 「運送業者はブラック率が高い」「IT企業も忙しすぎてブラック気味の会社が多い」などはよく言われる話ですが、これを言い出すとそもそも就職も転職もできなくなってしまいますね(汗) ということで、ブラック企業にぶつからない転職の仕方ですが、これはずばり転職サイトをきちんと使い、転職エージェントに紹介された求人情報から検討していくということが重要になります。 転職サイトに求人情報が登録されている会社は、リクルートやマイナビ、インテリジェンスなどの大手の審査を通っているきちんとした会社ばかり。登録しておいてスカウトで飛んでくる求人情報だけ見ていても、今よりずっと条件のいい求人情報がたくさん飛んでくることと思います。

ブラック企業の4つのタイプ

ブラック企業には主に下記のような類型があります。 ①残業がめちゃくちゃな時間になっているにも関わらず残業代が支給されない(サービス残業ブラック) ②給料が安すぎて、最低時給を割り込んでいる(低給与ブラック) ③いじめや暴力、不倫が横行しており、社内の人間関係で働きづらくなっている(人間関係ブラック) ④お客様に提供している商品やサービスがヒドい(サービスブラック) 実は以上の4つのうち、サービス残業や給与が安い件については、仕事が楽しくやりがいがある場合にはあまり気にならないものです。ふと振り返ると貯金があまりできていなかったり生活も楽ではないとはいえ、やりがいのある仕事に就いて毎日働けているだけで楽しいという職場に出会えれば、それはそれで幸せなのかもしれません。 しかし3番目と4番目は問題です。働きづらくやりがいを感じられない、人間関係がひどくて会社にいづらい、ということになってくると、やはり忙しさや給与の安さに耐えられなくなるのが普通。

ブラック企業に絶対に就職したくないなら

ブラック企業に絶対に就職したくないなら「転職エージェント・キャリアコンサルタント」を利用するのが一番。転職サイトに登録すると「転職エージェント」「キャリアコンサルタント」が担当として就いてくれますが、この人たちはその会社の中の情報まで持っているケースが多いのです。じっくり話を聞いていく中で、「どうも社内の雰囲気があまりよくなさそうだな」「この会社の風土ならとけ込めそうだな」と判断することができることがほとんどです。

>>ウィンドウを閉じる<<