そもそも非公開求人とは

非公開求人とはその名の通り、一般には公開されていない求人。転職サイトに登録をすることで見れるようになります。一般的には非公開求人の方が公開求人より魅力的な条件になっている事の方が多いです。

なんで非公開になっているの?

なぜ魅力的な条件にも関わらず非公開になっているのでしょうか。5つの理由を紹介します。

①応募が殺到してしまうから

どの転職サイトでも、求職者は条件のいい求人情報に殺到します。応募の半数以上が、上位10%の人気求人に集中すると言われています。つまり、2万件の求人情報のある転職サイトがあるとすれば、転職活動を行っている求職者の半数以上はこのうちの2,000ほどの求人情報に殺到してしまうのです。

②企業側の手間が省かれるため

このように応募が殺到してしまうと、企業側の採用担当者にはものすごい負担がかかります。
履歴書や職務経歴書が毎日数百件届き、目を通すハメに…。 それでは仕事になりませんよね。 面接できる人数も実際には限られていますから、この履歴書の中から実際に面接で会ってみたい求職者を選ぶことになります。 ところが採用担当者の正直な感想は、 履歴書を見て「面接してみてもいいかな」と思える人の割合は20%もいない どうしても会ってみたい応募者はたったの数% ということ。これでは履歴書のチェックをする手間を考えれば効率が悪すぎますね。 採用担当者は転職サイトのいわばお客様。特に人気の企業は、 「求人情報を公開しちゃうと応募が殺到して選別が大変になっちゃうから、そちら(転職サイト側)である程度選別して送ってきてよ」 という要望を転職サイト側に伝えるわけです。 これにフレキシブルに対応できる転職サイトでないと利用してもらえないことから、求人情報はいったん非公開とし、転職エージェントがひとりひとりの求職者とマッチングさせていくという方法をとらざるを得ないという事情がまずあります。

③転職サイト側の「効率」を上げるため

転職サイトは「企業と求職者のマッチング」、つまり転職が成功することで収益を得ています。逆に言えば、転職が成功しなければ収益はないということです。 では、考えてみてください。 1人や2人しか募集していない求人情報に求職者が100人殺到したらどうなるでしょうか? これはつまり、90人以上の応募はムダになってしまうということ。転職サイトの収益効率も上がるはずがありません。 このため、人気の求人情報は非公開としつつ、人的なマッチングを行う方が最終的に効率が良くなるのです。

④企業は採用計画を同業他社に知られたくないため

たとえばインターネット広告代理店の会社が、アプリ開発の技術者の求人情報を出しているとなれば、あの会社はアプリ事業に参入するらしいということはすぐにわかってしまいます。 また、いい人材を集めるすべを知っている会社は、その人材供給源も隠したいもの。「技術力の高いあの会社は、技術者をどこで採用しているのだろう?」という情報も、できれば漏らしたくないところです。 求人情報を非公開としておけば、こうしたライバル会社からの調査からも逃れることができます。

⑤社内に求人を出していることが知れ渡るとマズイことがあるため

重要なポスト、たとえば花形部署のマネージャークラスの求人情報や、取締役クラスの求人情報を公開してしまうとどうなるでしょう? 新しい人を募集しているということになれば、現在そのポストに就いている人が退職や異動になると触れ回るようなものです。もしくは、組織の大幅な改革を上層部が企画しているということになるでしょう。 取締役を外部から招こうとしているとすれば、これも大きな波紋を呼ぶことになりかねません。 特に歴史ある大企業であればあるほど、「社内政治」があるもの。ここに少なからず影響があるでしょうね。 このように、絶対に必要な人材でも、公開することなく秘密裏に募集しなければならないポストもあるのです。非公開求人と転職エージェントによる転職マッチングというのは、こういったときにも力を発揮するのです。

まとめ

このように、非公開求人は企業にとっても転職サイトにとっても非常にメリットが大きいものなのです。 好条件での転職を検討しているなら、必ず転職エージェント型の転職サイトに登録しなければならないと言っても過言ではないでしょう。

>>ウィンドウを閉じる<<