50代転職の現実!年収は絶対に下がる?転職を成功させるポイント

50代で転職は可能か?

そもそも、50代で転職することは可能なのでしょうか?50代を過ぎると雇ってもらえるところなど全くないと考える人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

基本的には、何歳になっても転職することはできます。今は転職者が多くなっており求人も多く、「転職する」ということに対して以前ほど風当たりは強くありません。

ただし、年齢が上がるにつれて求人数が少なくなりますし、求人があっても体力的にきつい仕事や収入面で理想とは異なる仕事が増えるという事実は認識すべきでしょう

年齢が若ければ収入面や待遇、仕事内容などの点で理想の転職を追い求めることはできますが、50代になるとそれは難しくなるということを知っておくべきです。

50代で転職する前に考えておくべきこと

50代で転職する理由にはさまざまなものがありますし、50代に求められることは若者とは違います。

では、50代が転職する際にはどのようなことに注意すべきなのでしょうか?転職する前に考えておくべきことについてお話ししましょう。

正社員としての転職を諦めない!

中高年の転職者で多いのが、最初から正社員になることや給与面など待遇の良い職場に転職することを諦めてしまう人です。しかし、それでは収入が大幅に下がってしまいますので、おすすめできません。

多くの会社が定年退職する年齢を60歳としていますが、希望すれば65歳まで雇用義務があります

「改正高齢者雇用安定法」が平成25年に施行されたことにより義務付けられた制度です。ですから、50代で転職する人は、正社員として転職することを諦めないでください。

今後は年金が十分に支給されない可能性も高いので、働けるうちに働いておく方が良いはずです。そのため、正社員としての採用を目標に転職活動を進めてみてください。

もちろん、50代からの転職で正社員になるのは難しいかもしれません。同じ条件なら、市場価値が高い30代や体力があって元気な若い人が正社員として採用されてしまうでしょう。

そのため、自分が持つスキルや能力、経験を正しく把握して、その能力を求める企業を見つけ出す必要があります

50代の正社員転職に求められるもの

では、50代から正社員として転職するためには何が必要なのでしょうか?正社員になると仕事の責任も重くなります。

そして、採用の段階では採用企業から、業務経験や知識、専門性の高さ、管理職経験者ならマネジメントスキルの有無など、さまざまな能力が求められます。正社員として採用されるなら当然と言えば当然のことです。

しかし、50代は、家族の介護の問題や自分自身の体力の問題などの悩みが増える世代です。そうなると、収入面や待遇面で正社員よりは劣る部分はありますが、非正規雇用での働き方がベストであるという可能性もあるかもしれません。

例えば、非正規雇用なら勤務時間が少ないため早く家に帰って両親の介護の時間を作れる、体力的に問題なく働けるなど、それぞれの事情に合った働き方ができます。

前章でご説明した通り正社員として働くのがベストですが、派遣社員や契約社員などの非正規雇用で働く方がライフスタイルに合っているというケースもあります。それぞれの事情に合った転職先を探し出すことが重要です。

50代で未経験職に転職することはできるのか?うまくいく方法は?

では、50代で未経験の職種や業種に転職するのはどうなのでしょうか?50代の未経験者向けの正社員求人があるかは職種や業種にもよりますが、求人数はかなり少なく厳しいと考えるべきでしょう。

IT業界のエンジニアや自動車メーカーの技術者、大手銀行などの正社員など、豊富な実務経験やスキル、実績が求められる場合は、ほぼ未経験からの転職は無理です。履歴書や職務経歴書などによる書類選考で落とされると思ってください。

50代で転職したら年収が減るのは覚悟するべき

50代で転職する場合、管理職として仕事の実績を買われて採用される、専門的なスキルを持っているなどのケースでは収入が上がる可能性があります。

しかし、大手企業から中小企業やベンチャー企業へ転職する場合は、収入が下がることを覚悟しなければなりません。ここでは、なぜ50代で転職すると年収が下がってしまうのかを、詳しく見てみましょう。

経験やスキルがあまり求められない仕事の募集が多い

年収が下がるケースとして、経験やスキルがあまり求められない仕事の求人があります。

50代からの転職で経験やスキルが生かせない場合、転職しやすい未経験者歓迎の求人を選ぶしか選択肢がなくなってしまうケースも多くなっています。

未経験者歓迎の求人が多いのは、身体を動かす体力的に厳しい仕事や人手不足が続く介護業界や飲食業界などです。

そのほか、専門的なスキルをあまり必要としないサービス業や販売職、営業職などは、転職しやすい職種です。また、人手不足が続くタクシー業界、施設警備の業界も、転職しやすくなっています。

しかし、仕事の知識や経験、スキルなどが必要とされないということは誰にでもできる仕事ということですから、どうしても年収が下がってしまうのです。

年収が大幅に下がるのを防ぐために、しっかりと情報収集をして転職に活かせる自分が持つスキルや能力、経験を面接でアピールすることがとても重要になるのです。

仕事としては未経験でも、今まで培ってきた経験やスキルを活かすチャンスは十分あります

転職のプロである転職エージェントに相談すると、今までのキャリアを元に転職に役立つスキルを上手くアピールできる方法を教えてくれるのでおすすめです。

50代の転職体験談

50歳女性
福祉施設の経理事務(派遣)→産業廃棄物処理業の経理総務事務(正社員)へ転職

男性に比べたらいろんな経験を積むチャンスが少なかったこともあり、年齢に応じた経験が少なく、余計に年齢の壁を感じました。

この年代だとマネジメントの経験が問われ、経理財務を希望するなら、億単位のお金を引っ張って来れるかどうかで、案件数、転職の成否が決まるような感じがしました。

結局、条件の優先順位をどうつけるか、何をどれだけ妥協するか、タイミングと運のような気がしましたね。

54歳男性
公務員で人事や総務を担当→知人の紹介で鉄工所へ転職

公務員時代、庁舎の工事をしている職人さんたちが非常にかっこよくて休憩時は、彼らの作業を見て憧れをもってました。

53歳の時に一番下の子供も大学生でしたが、20才も迎えたことから、今までは家族のため、組織のためとサービス残業は当然、手当てなしの休日出勤もして組織にしがみついていましたが、自分のやりたいことをやってみたくて退職を決意し、鉄工所に職種替をしました。

自分より若い職人さんから顎でつかわれてますが、毎日沢山のことを学びながらやってます。

年のせいか(自分の能力が低いかも)覚えも悪く、よく職人さんから怒られてしまっていますが、本当に働いているという実感が感じられています。

周り(施設への配慮と地域の人間関係)への配慮など、気を使いながら働いてはいますが、毎日楽しく働けています。

50代の転職方法と成功のポイント

50代で転職活動を成功させるためには、具体的にどのような方法を取るべきなのでしょうか?

今までご説明したことから、自分が応募できる求人にはどのようなものがあるのか、自分にできることは何か、を考えることが重要であることがわかったと思います。

過去の仕事の経歴から自分が持つスキルや能力、経験を正しく把握しアピールすることで、転職を成功させる可能性が高まるのです。

その中で、もし希望する正社員の求人が無かった場合は、非正規雇用で働きながら正社員として転職するチャンスを狙うのが良いでしょう。長く働いていないブランク期間があることで、転職しづらくなってしまうからです。

具体的な転職方法として、ハローワーク、転職サイト、転職エージェントを利用する方法があります。それぞれの転職方法の特徴は以下の通りです。

転職方法 特徴
ハローワーク 無料。各市町村にある。地元の求人に強い。
転職サイト 無料。全国の求人が探せる。年齢不問求人が多い。
転職エージェント 無料。求人紹介から履歴書のアドバイスまで、担当のキャリアアドバイザーが付いたサポートがある。
知人の紹介・コネ 採用確率が高い。ただし、条件と合わない場合断りづらい。

それぞれの転職方法の詳しい特徴と上手な利用方法について見ていきましょう。

ハローワークや転職サイトで多くの求人をみる

ハローワークと転職サイトには多くの求人情報が登録されていますから、最初はこれらの転職媒体から情報収集を行いましょう。

転職市場の動向を知るために、どのような求人が出ているのかをチェックするのが目的です。

希望職種や業種の求人はどのようなものが出ているのか、年収や仕事内容はどうなっているのか、応募人数はどれだけかなど、実際に出ている求人情報をチェックすることで具体的な情報を入手できます。

転職エージェントでも求人情報を検索できますが非公開求人が多く求人を実際に見られないことも多いため、情報収集を行うならハローワークと転職サイトの方がおすすめです。

しっかりと転職市場の調査をせず、むやみに求人に応募しても採用される可能性は低いでしょう。

企業側が求めるスキルや能力を持つ同じような条件の20代と50代の転職希望者がいれば、将来的なことを考えれば20代の方が採用されてしまいます。

そうならないためにも、あなたに内定を出しそうな企業はどこか?あなたが持つ能力や経験を必要としている企業はどこなのか?などという情報を、あらかじめ調査する必要があるのです。

ハローワークは、やや注意が必要

ハローワークを利用する上での注意点についてお話ししたいと思います。ハローワークは各市町村にある公的な職業紹介所です。

そのメリットとしては、地域密着型の求人が多いため自宅から通いやすい求人が多いということがあります。

また、前職を退職してから転職活動を行う場合は失業保険を受け取ることができ、そのための手続きをハローワークで行うこともできます。

一方で、ハローワークには集まる求人が限られているため、50代向けの求人が少ないというデメリットもあります。また、ハローワークは公的機関なので企業が求人を登録する際の登録料が無料です。

そのため、資金があまりない中小企業や零細企業の求人も多く、給料が安いなど条件の悪い求人がどうしても多くなってしまいます

このように、ハローワークにはデメリットもありますが、地域密着型企業の情報収集や失業保険の申し込みができるため、50代の転職者なら一度は足を運んだ方が良いでしょう。

転職エージェントとの併用で転職成功率アップ

ハローワークや転職サイトで求人情報をしっかりと調べて良い求人が見つかれば、そこで応募してしまえば良いことになります。では、転職エージェントは必要ないのかというと、そんなことはありません。

求人情報を見ただけでは企業情報の詳細はわかりません。そこで、転職エージェントを利用すれば、求人情報には載っていない詳しい仕事内容や求められるスキル、社内研修の有無、職場の人間関係まで、担当者が詳細な情報を提供してくれるのです。

もちろん、転職希望者の希望条件に合った求人をあっせんしてくれますし、転職のプロによるアドバイスを受けることもできます。若い人が多い会社で中高年が持つ高いコミュニケーションスキルを活かすことができるなど、自分が持つ経験やスキルが思いもよらない形で役立つことがあります。

転職エージェントに相談すれば、自分では想定していなかった職種で活躍できる可能性を教えてくれることもあるかもしれません。

さらに、その転職エージェントにしか登録されていない条件の良い非公開求人もありますから、登録することをおすすめします。

50代の転職先は?主な職種と求人内容

では、具体的に50代におすすめの転職先とはどこなのでしょうか?転職サイトなどで「年齢不問」「50代活躍中!」などと記載があるような50代が転職しやすい求人には、どのようなものがあるのかをご紹介します。

経験やスキルがあまり求められない・人手不足の求人が多い

過去の仕事経験から高い専門性やスキル、資格などがある場合は、それらの強みを活かすことで条件の良い転職先を見つけ出すことができます。

そのためには、しっかりと自分の強みを棚卸しするとともに、企業が求めるものを把握して自分の強みが活かせる企業に応募する必要があります。

では、経験やスキルを活かせない場合はどうすれば良いのでしょうか?その場合、経験やスキルがあまり求められない、または、人手不足の職種や業種を選ぶのが良いでしょう。

具体的には、ドライバー・ホテルスタッフ・警備員・製造業・清掃スタッフ・カスタマーサービス・飲食スタッフなどが挙げられます。

ただし、未経験からでも転職しやすい職種ではありますが、体力的には厳しいケースが多いことに注意が必要です。

介護職は人手不足が深刻化しているため転職しやすく、しかも転職後に資格取得のための費用を会社が負担してくれます

そのため、転職後にスキルアップしやすいというメリットがあります。ただし、やはり体力的に厳しい仕事なので、覚悟が必要になるでしょう。