そもそも転職エージェントって何?

転職エージェントとは転職サイトに登録すると転職サポートをしてくれる「コンサルタント」のような人の事を言います。殆どの転職サイトではこの転職エージェントに相談するのは無料でできますし、転職をするまでの膨大なサポートを文句言わずにやってくれます。 とは言え全部タダでやっていては事業としてなりたちませんよね。転職エージェントはどのようにして運営をしているのでしょうか。

転職エージェントは企業から成功報酬を受け取っている

転職エージェントの仕事を簡単に言うと、 ・お客様にあたる企業から「非公開求人」の情報を受取り、
・転職活動中の求職者にマッチする求人情報を渡し、
・求職者の採用が決まるまで2人3脚で転職活動を行う といったところです。 この「求職者の採用が決まるまで」というところがポイントで、人材を募集している企業からすれば「適切な人材を確保できるまで」という意味になりますね。 この「適切な人材を確保できた」というタイミングで、転職エージェントには成功報酬が発生する仕組みになっています。お客様に当たる企業から成功報酬として転職サイトに入る報酬は転職後の年収の30〜35%が相場!年収600万円で決まれば成功報酬は180万円〜200万円ほど、年収1,000万円で決まれば300万円以上にもなるのです。

転職エージェントが「年収」にこだわる理由

これだけ多くの報酬をもらっている転職サイトのこの仕組みを知ってしまうと、ちょっと悔しい気持ちになるかもしれません(笑)。しかしよく考えると、この仕組みは転職したい求職者にとても有利に働くことがわかります。 というのも、転職後の年収の35%が転職サイトの取り分なのです。転職サイトはおそらく個々のエージェントを評価する際、「実際にマッチングできた数(転職が成功した数)」に加えて「得られた売上の額」も対象としていることでしょう。 つまり、少しでも高い年収で転職させてあげることがエージェントのひとつの評価ポイントになっているということ。転職サイトでよく年収にこだわる訴求がされているのも、これがひとつの理由だと言えるかもしれません。

高年収の求人情報を持ってきてくれるエージェント。しかし落とし穴も・・・

せっかく転職するのであれば少しでも高い年収で働きたいと考えるのは当然かもしれません。エージェントががんばってくれますから、任せてあとは祈るというのもひとつですが・・・ 実はここにはひとつ落とし穴があります。これは転職で失敗したと感じる人の多くがはまってしまう落とし穴でもあるのです。 それは、「年収は上がったが、以前よりも職場が忙しくて体を壊してしまった」「年収は上がったが、希望の職種で働くことができなくなってしまった」など、年収以外の要素が置き去りにされてしまうというリスクです。 転職中は高年収での求人に目を奪われがちですが、実際に就職してみてわかるのは必ずしも年収だけで全てが決まるわけではないということ。上司や部下との関係、チーム内での立ち位置、得意分野で仕事をさせてもらえるかどうか、残業や土日出勤などの忙しさをどこまで許容できるか等、年収以外に多くのポイントがあります。 納得のいく職場で思い切り働けるかどうかは、年収以外の要素もかなり大きく作用してきますから、転職の正否を年収だけで位置づけることはできません。そしてこれは個人の志向性の問題に加え、家族構成や年齢等様々な要素が絡んでくるところなので、転職エージェントには理解してもらいづらいポイントにもなっているのです。 転職にあたって重視したいと思っているポイントは、とにかくエージェントに伝え続けないといけません。

>>ウィンドウを閉じる<<