30代でも未経験転職はできる?正社員になるために必要な2つのコツ

30代の未経験職への転職はとてもハードルが高い

未経験転職者の声

(参照元:リクナビNEXT 30代前半転職の疑問5 「未経験職種を目指すのはキビシイ?」

こちらはリクナビネクストが30代前半で未経験職種への転職を経験した人の声をまとめたものです。

ここでは、7割近くの人が”かなり難しい” “難しい”と回答しています。

そのため、30代の未経験職種への転職は一般的に難しいと考えていいでしょう。

では、なぜ30代の未経験職への転職は難しいのでしょうか?

なぜなら、未経験の業界・職種では即戦力になりにくいからです。

そもそも、30代の転職では即戦力を求められることが多く、未経験出の転職だと入ってから新たに業界・職種について覚えることが多くあるため、即戦力として活躍しにくい傾向があります。

そのため、ただでさえ新たな職場へのキャッチアップには時間がかかるのに、配属先が未経験の業界・職種であればなおさら時間がかかります。

実際に、30代で未経験の職種へ転職した方は次のように述べています。

30代女性(転職当時)

大変だった事は、20代の時と比べて物覚えがかなり悪くなっていた事です

入った頃は覚える事が膨大にあり過ぎてついていけませんでした。

職場柄20代の若い方が多く動くスピードも理解するスピードも速いです。

30代男性(転職当時)

やはり最初の数年はツラい思いも沢山あります。

覚える事が全然違いますし今まで積み上げて来た環境もほぼ無くなります

このような背景から、30代で未経験職種へ転職するのはとても難しいのです。

30代で未経験でも転職できる業種はある!

しかし、「やっぱり、30代の未経験職種への転職は難しいのか・・」と悲観的になる必要はありません。

なぜなら、未経験でも転職しやすい業界・職種も存在するからです。

では、実際にどのような業界・職種が未経験でも転職しやすいのでしょうか?

dodaの調査結果 をもとに、未経験でも転職しやすい業界・職種を見ていきましょう。業界、職種の順で説明していきます。

未経験でも転職しやすい業界

まず、未経験でも転職しやすい業界についてご紹介します。

(参照元:doda「業種別 異業種転職の割合」

異業種からの転職の割合が多いということは、未経験でも転職がしやすいと言い換えられます。

そのため、商社・流通、メディア、サービス、建築・不動産が未経験でも転職しやすい業界だとわかります。

それぞれの業界について転職しやすい理由も交えて、詳しく説明していきます。

流通業界

近年、インターネットショッピングの普及に伴って人手が不足しており、求人が増えている業界です。

そのため、未経験でも転職しやすくなっています。

トラックなどで荷物を配達するのが主な仕内容です。

体力に自信がある人におすすめです

メディア業界

スマートフォンの普及により、近年ウェブメディア業界は活発になっています。

しかし、ウェブやIT業界は、まだ人手不足です。

そのため、未経験でも会社で育てていくという方針のもと、求人を募集しています。

新しいことにチャレンジするのが好きという人におすすめです

サービス業界

サービス業界というと、アパレルや飲食店などの接客業がイメージしやすいと思います。

飲食店などは体力を使う仕事であるため、従業員の入れ替わりがが激しく、常に人材を求めています。

体力があり、人と関わるのが好きという人にはおすすめです

建築・不動産業界

現在、首都圏を中心に都市の再開発が進んでおり、求人が増加しています。

業務内容は、建築では土木工事から建設設計までありますし、不動産でも営業からディベロッパーまで多岐にわたります。

業務内容によって求められる人材が異なるため、力仕事が好きな人はもちろん、街づくりにかかわるお仕事をしたい人にもおすすめです

未経験でも転職しやすい職種

次に、未経験でも比較的転職しやすいとされている職種をみていきましょう。

(参照元:doda「業種別 異業種転職の割合」

これから、事務アシスタント職、販売・サービス職、企画・管理職が未経験でも転職しやすい職種であるとわかります

それぞれの職種について転職しやすい理由も交えて、詳しく説明していきます。

事務アシスタント職

事務アシスタント職では、書類の作成やデータの入力、来客対応を行う仕事です。

業務内容自体に専門性があまりなく、どの職種でも行われている内容であるため、未経験でも転職しやすいです。

事務職は、細かい作業や数字に慣れている人におすすめです

販売・サービス職

販売職は百貨店をはじめとして小売店で商品を販売する仕事です。

また、サービス職は情報や物、便利さの提供を提供します。

具体的には、飲食店の接客や調理、クリーニングです。

こちらも業務内容に専門性あまりないため、未経験でも転職しやすくなっています。

販売・サービス職は人とかかわることが多い職種であるため、人とかかわることが好きな人におすすめです

企画・管理職

企画職は消費者が求めるものを理解して、自社の商品やサービスに反映する仕事です。

企画職では、アイディア力が必要です。

そのため、新たな観点からアイディアを出せる他の業界・職種からの転職者が求められています。

何か物事を考えて、形にすることが好きな人にはおすすめです

また、管理職は担当部署が与えられた目標を達成するために、業務の進捗管理から部下のモチベーション管理までを行う仕事です。

今まで部下の指導経験があったり、中長期的に物事を考え、実行に移せる人が向いています

転職したい業界・職種がない!」という方にはここで挙げた業界・職種に転職を考えてみてはいかかでしょうか。

30代の未経験職への転職に潜む落とし穴

転職しやすい職種・業界がある一方、30代での未経験職への転職には大きく分けて2つの落とし穴が存在します。

“未経験者歓迎”という文言

大手の転職サイトでよく見られる”未経験者歓迎”ですが、これは基本的に未経験でかつ若い求職者を募集していることが多いです。

なぜなら、若いと未経験の業界・職種に転職しても次の会社の社風に適応しやすいからです。

また、入社後の教育費を考えると、若い方が会社での教育後、働ける期間が長いため、会社にとって都合がよいです。

このような背景から、未経験歓迎という求人に応募すると書類選考で落とされてしまうこともあります

全く未経験の業界・職種は厳しい

30代でかつ未経験で転職しやすい業界・職種には個人差があります

なぜなら、今まで積んできたキャリアや職業経験によって、転職しやすい業界・職種は変わるからです。

例えば、学生時代に塾講師のアルバイトをしたことがあれば、人に物事を教える仕事に転職しやすくなります。

このように、同じ職種でほかの業界に転職をしたり、前職の業務内容に関連する業界・職種に転職をする場合は比較的転職しやすく、今まで全く経験のない業界・職種への転職は難しくなります

30代の未経験職への転職を成功に導くポイント3つ

では、転職を成功させるために何をすべきなのでしょうか?

ここでは、大きく3つのポイントにわけてお伝えします。

転職したい理由を明確化し、転職したい業界・職種を決定する

未経験での転職を成功させるための1つ目のポイントは、自分が転職したい理由の明確化をしたうえで、転職する業界・職種を決定することです。

まず、転職をする理由や目的を明確にしないまま転職活動を進めると、どんな不安を解消するために転職をしているのかわかりません。

そのため、現職で今抱えている悩みが転職先で再発する可能性が高くなります

というのも、今の業界・職種が嫌だからという理由で別の職種に転職すると、一見問題は解決したように見えます。

しかし、実際は現在の業界や職種が原因でなはく、他のことが原因かもしれないからです。

そして、明確化した転職したい理由をもとに、転職する業界・職種を探すことで、現職で抱えている悩みが解決される可能性が高くなります

このように、自分の転職理由を明確にして、それから転職したい業界・職種を明確にするとよいでしょう。

転職したい業界・職種に詳しくなる

転職理由と転職したい業界・職種を決定した後にするべき2つ目のポイントは、転職したい業界・職種に詳しくなることです。

転職したい業界・職種について勉強して、関連する知識を得ることで、業界・職種ごとに求職者に求めているものがわかるようになります

さらに、面接官に自分がその業界・職種に込める熱意を伝えやすくなります

志望業界・職種が求めることを知り、自分の志望企業の強みを理解し、自分の強みが志望企業の求めることに近いことを伝えることができれば、未経験職種への転職を目指す他の求職者と差別化を図ることができるでしょう。

志望業界・職種に関連する資格を取得する

次に、3つ目のポイントは志望業界・職種に関連する資格を取得することです。

なぜなら、未経験の業界・職種の場合、あなたの今まで業務経験からアピールできることはどうしても限られてくるからです

資格を取得することによって、志望業界・職種に対する理解があることを示すことができ、大きなアピールポイントになります。

そのため、資格は他の応募者と差をつける心強い武器になります。

30代の未経験職への転職の強い味方!転職エージェント

では、この3つのポイントは全部自分で実行できるでしょうか?

答えはノーです。

 

そこで、力強い味方として転職エージェントを紹介します。

そもそも転職エージェントとはどのようなサービスなのでしょうか?

転職エージェントとは自分で求人を検索して、応募するサービスである転職サイトと異なり、担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動をサポートしてくれるサービスです。

なぜ、転職エージェントをおすすめするのかというと、転職エージェントはこれまでの求職者との面談経験を踏まえ、求職者の希望を把握し、最適な提案をする技術に長けているからです。

これから、求職者は思い浮かぶ複数の転職理由の中から、自分の優先度や現状の不満が解消される可能性なども考慮して、自身の転職活動の軸を定めることができます

さらに、転職エージェントは履歴書や職務経歴書などの企業側への応募書類の添削から面接対策まで行ってくれます

このように、転職エージェントにより、転職活動がより有意義なものになるでしょう。

ひとりで悩まず、転職エージェントを利用してみてはどうでしょうか。

30代の未経験職への転職に使える転職エージェント2選

転職エージェントがたくさんあって、「どれを使えばいいのかわからない!という方もいるかもしれません。

そんな方のために、30代で未経験職種への転職を目指す方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは最も多くの求人案件を扱う業界最大手の転職エージェントです。

紹介求人数が多いため、30代で未経験職種へ転職する時にも、転職しやすい求人を多数紹介してもらうことができます。

さらに、多くの求職者の転職をサポートしてきているので、さまざまな業界・職種に精通した担当者が未経験の業界・職種への転職をさまざまな面でサポートしてくれます。

更に、転職支援も充実しており、リクルートエージェント独自のサービスであるAGENT REPORTやレジュメNaviなどの転職サポートも受けられます。

そのため、一般的に難しいとされる30代の未経験職への転職の心強い味方になってくれるはずです。

リクルートエージェントで求人を探す

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは1人1人への親身な転職支援が特徴的な転職エージェントです。

パソナキャリアは平日・土日を問わず1.5~2時間かけて面談を行ってくれます

そのため、専門のキャリアアドバイザーが30代の未経験職への転職について親身に談を受けたうえで、自分にあった求人を紹介してくれます

さらに、応募先の企業に提出する書類の添削から面接対策まで充実した転職サポートを行ってくれるため、パソナキャリアを活用すれば納得のいく転職ができるでしょう。

パソナキャリアで求人を探す