転職しやすい時期は決まってる!絶対に失敗しないタイミングを紹介

この記事はPRリンクを含みます。

転職しやすい時期はある!理由とともに紹介

転職しやすい時期とは市場に求人が多く出回る時期です

1年の中でも、多くの企業が人員を確保しなければならなくなり、市場に求人が多く出回る時期があるのです。

その時期は、企業側の採用意識が非常に高いため、求職者にとっては、転職に有利な時期といえるでしょう。

それでは、求人が多く出回る時期がいつなのかを、その理由とともにご紹介していきます。

新年度や下半期がスタートする前の「1月~2月・7月~8月」

女性が転職で成功する時期はいつ?

新年度が始まる3~4月、下半期に突入する9~10月は求人が増える時期です。

新しい期の始まりには、年度末の退職者の増加による人員不足や、新プロジェクトの発足による人員補強により、企業の採用ニーズが高まります。

そのため、この時期には採用意欲が高い求人が多く出回るのです。

特に、4月入社を見込んだ1月~2月には、中途人材の採用活動がピークになると言われています。

幅広い求人から、自分の希望する職場を選ぶことができることも、この時期に転職するメリットといえるでしょう。

※企業によって年度替わりのタイミングは異なるので、志望企業の年度計画は確認しておくようにしましょう。

退職者・退職希望者が増える前の5月~6月・10月~11月

男性が転職で成功する時期はいつ?

辞めるならボーナスをもらってからにしよう」などの理由から、主に夏は7~8月、冬は12~1月に退職者や退職希望者が増えます。

そのため、足りなくなった人員を確保するために企業は求人募集を始めるのです。

この時期の求人は、退社してしまった人員分の人材を確保しなければならないため、企業側の採用ニーズも高く、緊急を要する求人が多くなります。

年度末に比べると、転職者自体の数が一段落つきライバルも減るため、比較的有利に転職することができるでしょう。

理想の求人に出会える!リクナビNEXT

転職を始める時期は人それぞれ!おすすめの決め方2つ

転職を成功させるためには、転職を始める時期というのも非常に大切になります。

では、その時期はどのように決めればよいのでしょうか?

タイミングの決め方には、おすすめの二つの方法があるのです。

ライフイベントをもとに決める

ライフイベントをもとに転職の時期を決める方法

今後控えている結婚や出産、家の購入や子供の進学などのライフイベントをもとに転職時期を考えるパターンです。

この場合、1〜3年といった、長期にわたる見通しが必要になってきます。

たとえば、

3年後に家を建てる資金をためるために、今年中にもっと年収の高い企業に転職しよう

というように未来の予定からさかのぼって転職時期を割り出し、活動に移すパターンです。

今はとにかく稼ぎたい!」「若いうちは仕事ばかりではなく、適度には遊びたい」など、ライフプランを考えたうえで転職に求めるものは人により異なります。

自身の将来設計をもとに考えることで、”いつ転職すべきか”がきっと見えてくることでしょう。

長期休暇がある期間に決める

転職活動の初期段階では、求人検索に始まり、履歴書や職務経歴書の作成など、思った以上に時間が取られてしまうものです。

そのため、仕事を続けながら転職活動をしようと思うと、なかなか忙しくて思った通りに進められない可能性があります

そこで長期休暇を活用することがおすすめです。

GWやお盆休みなど、長期休暇が転職活動の初期にあれば、準備にじっくり時間を充てることができ、気持ちにも余裕をもって転職活動を始めることができるでしょう

なぜ転職を始める時期が重要なのか

転職をするのなら、求人が多く市場に出回る転職者に有利な時期に転職したいものです。

しかし、転職活動には数ヶ月、人によっては1年ほどかかると言われています。

そのことを念頭に置いてスケジュールが立てられないと、あなたの望む時期に転職できなくなってしまうことがあるのです

だからこそ、転職活動をスタートする時期をしっかり見極め、あなたの転職活動にかかる期間はどれくらいかを、しっかり判断するよう心がけましょう。

転職活動の進め方がわからない!転職エージェントに無料相談がおすすめ!

転職サイトは様々な相談に乗ってくれる

転職活動のスケジュールがうまく立てられない」「そもそも転職活動は何から始めればいいかわからない

そのように、転職活動に何かしらの不安を抱えている人には、転職エージェントの利用がおすすめです。

最適な転職時期を提案してくれる

業界によっては、求人が増える時期が異なることもあり、自分に適した転職時期を見つけることが一人では難しくなっています

転職エージェントは、企業から寄せられた求人を取り扱っているため、企業と強いつながりを持っています。

そのため、転職市場や業界動向に精通しているので、志望業界の求人が出やすい時期を知っており、あなたにとって最適な転職時期を提案してくれるのです

転職の手順や優先順位を決めてくれる

転職経験がないと、そもそも転職活動を何から始めればいいかわからないものです。

そんなとき、転職エージェントに登録していれば、手順はもちろん転職活動の優先順位を決めるためのポイントを教えてくれます

それをもとにすれば、あなたにぴったりな就職活動のスケジュールを立てることができるでしょう。

そして何より、専任のキャリアアドバイザーが求職者の転職活動を全面的にバクアップしてくれるので、初めての転職であったとしても安心です。

採用面接から入社まで徹底サポート

転職活動では、選考や内定、入社日といった時期の調整も悩みどころです。

今の仕事を続けながらスケジュールをたてることは難しいですが、そのような煩わしい部分も転職エージェントが代わりに手配してくれます

また、面接などで現職を休む時の調整の仕方、上司へ退職の意思を報告するタイミング、退職願の書き方や円満退職の仕方までサポート内容は充実しています。

このように、選考から内定までの流れを熟知しているので、求職者を徹底フォローしてくれます。

転職時期だけが問題ではない!年代にも要注意

年齢・年代で転職の成功率は変わるのか比較している

いくら求人が多い時期に転職活動をしたからといっても、理想の企業に転職できることは限りません。

なぜなら、年代によっても転職事情は変わってくるのです。

転職に失敗しないためにも、ご自身の年代と照らし合わせて転職事情を理解し、転職の準備を進めていきましょう。

20代の転職事情「第二新卒の転職・採用が活発化」

以前までは、入社したら3年以内に会社を辞めてはいけないという傾向もありました。

しかし近年は、教育しやすい第二新卒の採用市場も活発で、社会人1年目でも3人に1人が転職をする時代です。

既に特定の企業で働いてきたベテランや中堅層の場合、教育もしづらく、企業に馴染むまで時間がかかってしまいます。

一方で特定の企業に染まり切っていない20代は、教育もしやすいため、社内で育成するために採用するという企業も多いのです。

また、「未経験職種に転職したい」という方は20代のうちがおすすめします。

「ポテンシャルさえあればあとは社内で育成していく」と言う企業もあるほど、20代はスキルよりも、ポテンシャルで採用される割合が多くなっているのです

そのため、未経験職種でも非常に採用されやすいのです。

しかし、「20代後半になったら転職しようかな」「求人が多いときに転職すれば絶対うまくいくだろう」のように、転職に有利な時期を見計らうだけでは失敗します

20代の転職を成功させるためには、ノウハウを知っておくことも必要です。

20代・第二新卒の転職支援に特化!マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代・第二新卒の転職支援実績が豊富であり、その分のノウハウが蓄積されています

転職が有利とはわかっても、転職自体がはじめてなので業界知識が全くない第二新卒の「わからない」を解決してくれるでしょう。

公式ページで簡単登録

30代の転職事情「即戦力が求められ始める時期」

30代は社会人経験が10年を超えてくる年代で、企業からは即戦力になる中途採用の人材という期待をされます。

そのため、自身の経験やスキルを活かすことができる同業種に転職することがおすすめです

今まで培ってきたことを活かして、その企業でどのような貢献ができるかを、しっかりと伝えることができれば高い評価をもらい転職することもできるでしょう。

しかし、未経験分野への転職となると話は違います。

即戦力となることが求められる30代にとって、ゼロからのスタートになる未経験転職は、年収が下がるリスクが非常に大きいのです

しかも、30代は後半になればなるほどスキルや経験が求められるようになります。

だからこそ、30代で未経験職種に転職したい場合は、前半のうちにしてしまうことがおすすめです。

徹底的なサポートが魅力!リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。

キャリアアドバイザーの質が非常に高く、徹底的なキャリアカウンセリングを通して、あなたの強みを見つけ出してくれるでしょう

それを応募書類や面接でどのようにアピールすれば良いかをアドバイスしてくれるので、企業側により効果的にあなたのことを売り込むことができるでしょう。

公式ページで簡単登録

40代の転職事情「厳しい傾向にある」

40代ともなると転職はますます厳しくなっていきます

企業が40代を採用する場合、これまでの経験を活かして即戦力の人材を求めていることが多いです。

だからこそ、転職先探す際に、自分の経験を活かすことができるかどうか分かっていることが重要になります。

「今の自分のスキルから、新しい職場で発揮できるものはなにか?」ということを基に考えましょう。

そのため、40代は求人が増える時期だけでなく、企業が求めるものと、自分にできることを見極めて、応募企業を決める必要があります

好条件の求人が多数!パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、親身なサポートが人気の転職エージェントです。

各業界に特化した専任のアドバイザーのサポートにより、非常に高い転職決定率を誇ります。

掲載されている求人は、それぞれの質が非常に高いので、あなたにあった求人がきっと見つかることでしょう。

公式ページで簡単登録

転職を成功させるには退職のフローを把握することも大切

転職先が決まっても、退職手続きが進んでいないと、転職先の入社に支障をきたすことになります。

退職手続きは、転職活動の中でも非常に大切なことになるため、どのような手続きを踏めばいいかしっかり知っておきましょう。

1.退職意向を伝える時期はいつ?

退職意向を伝えたからといって、すぐ会社を辞められるというわけではもちろんありません

法律では、退職の2週間前に退職届を提出すれば退職は可能ですが、急に退職の意向を伝えても、あなたが抱えている業務の引き継ぎ、退職に伴う公的な手続きなどが終わらないことが多いです。

そのため、直属の上司には2~3ヶ月前には、退職意向があることを伝えましょう。

また、企業によってはいつ退職意向を伝えるべきか就業規則で決まっていることもあるので、しっかりと確認することが大切です。

2.退職手続きはどう進める?

退職手続きは、以下の画像の流れに沿って進めます。

退職手続きはこの流れで行います

退職届の提出日は、退職手続きの中でも特に注意が必要な点です。

企業によっては、退職届の提出をもって正式に退職意思の提示としているところもあり、これが遅れてしまうと、退職日自体が後ろ倒しになってしまいます。

転職先が決まっている場合、入社日にも影響が出てしまうので、退職届は退職日の2週間前に提出するということは必ず守るようにしましょう。

また、お世話になった方々へのあいさつ回りは、円満退社をする上では、必ず必要なことです。

「立つ鳥跡を濁さず」というように、前職にしがらみを残さないような退職手続きをしましょう。

検索結果を最適化中です