転職エージェントは複数登録は3社まで!掛け持ちのメリット・デメリットと重複応募の注意点

1.転職エージェントを複数登録しても良いのか?

無料の仕組みを疑問に思う女性

転職エージェントは、担当者もついて転職の不安を解消してくれる転職のプロですから、頼りにしたい求職者も多いでしょう。

そもそも、転職エージェントに複数登録することは良いのでしょうか?

掛け持ちは全く問題なし!

答えは、複数登録は可能です!全く問題ありません!

むしろ、転職を成功させるためには、転職エージェントの複数利用は転職ノウハウの一つとも言えます。

また、転職エージェント各社も他社への登録を禁止しておらず、公式に複数利用を認めています。

世の中には、たくさんの転職エージェントがあり、すべてが無料(ビズリーチは一部有料サービスあり)で利用できるので、どれを選べばいいか決められず迷ってしまいます。

しかし、複数利用を認められていれば、転職者側も安心して、エージェント同士を比較して利用できますよね。

併用するなら3社まで

そして、登録するなら3社までにしておきましょう。なぜなら、担当者とのやり取りが増えてしまうからです。

つまり、あまり多くのエージェントに登録すると、それだけ面談の数が増えたり、煩わしい連絡も増えてしまいます

特に、現職で働きながら転職活動を進めるとなると、担当者とのやり取りが面倒になってしまうので、多くても3社程度にとどめておくことが妥当です。

利用を途中で断る場合はメールでOK!

転職エージェントを利用している途中で「他で内定をもらった」「担当者との相性が合わない」などの理由で、利用をやめる場合は、メールなどでその意志を伝えましょう

担当者からの連絡に対して、応答もせず、無視するのではなく、しっかりと伝えることが大切です。

2.転職エージェントの複数登録のメリット

複数登録のメリット

転職エージェントに複数登録するメリットは、主にこの2つがあげられます。それぞれについて詳しくご紹介しましょう。

多くの求人が知られて、選択肢の幅が広がる

非公開求人を選ぶキャリアアドバイザー

転職エージェントは、各社で異なる求人情報を保有していることがあります。

例えば、他のエージェントで取り扱っていない求人を、リクルートエージェントが取り扱っている場合があったり、もちろんその反対もあるのです。

そのように、それぞれの転職エージェントでしか扱われていない求人は、限定求人や独占求人と呼ばれます。

限定求人や独占求人は、転職エージェント各社と企業とのつながりによって異なるので、いくつかの転職エージェントに登録しておかなければ、たくさんの求人情報を集めることができません。

このようなことから、転職エージェントに複数登録をすれば、選択の幅が広がり、あなたの希望に合う求人が見つかる可能性が高くなるのです。

書類や面接対策の精度が上がる

面接対策

転職エージェントに登録すると、履歴書や職務経歴書、志望動機や長所・短所の書き方、面接対策のアドバイスなど、転職活動のさまざまなことに対してアドバイスをもらうことができます。

各社のキャリアアドバイザーは転職のプロとはいえ、各社で培ってきたノウハウや個人の経験や実績はバラバラです。

そのため、エージェント1社に登録し、1人の担当者の視点からのアドバイスだけでは偏ったものになってしまいます。

複数登録によって、さまざまな視点のアドバイスをもとに、より精度の高い書類や、効果的な面接の受け答えができるようになるはずです。

複数登録なら人気求人を紹介してもらいやすくなる

転職エージェントは、より内定をもらえる可能性が高い求職者を企業と繋げたいと思っています。

そのため、転職エージェント内で登録者の選考を行い、求人を紹介する仕組みになっている会社がほとんどです。

もし、転職エージェントに登録したタイミングであなたの競争相手となる求職者が複数いたらどうでしょう?

実は希望する企業の求人を取り扱っていても、紹介してもらえない」という事態にもなりかねません。

だからこそ、複数の転職エージェントに登録しておくことで、人気求人を紹介してもらえる可能性を上げることができるのです。

3.転職エージェントの複数登録のデメリット

複数登録のデメリット

転職エージェントに複数登録のデメリットは主にこの2つです。

しっかりと確認しておきましょう。

担当者とのやりとりが面倒

転職エージェントは、基本的に担当アドバイザーとの面談で転職先への希望条件を話し合い、求人を紹介してもらいます。

そのため、3社に登録すれば3回面談を行い、3度同じような話をすることになるのです。

そして、選考の進捗連絡なども各社の担当者と行わなければなりません。

このように、登録する数が増えれば、担当者との連絡頻度も増え、面倒になってしまうのです。

そのため、転職エージェントを併用して利用する際には3社とお伝えしましたが、『現在の仕事がとにかく忙しく、なかなか時間をさけない』という方は、登録を2社にとどめておくことも検討してもいいかもしれません。

各担当者のアドバイス内容がバラバラで翻弄される

複数登録するメリットでは、さまざまなアドバイスによって、書類作成や面接対策の精度が上がり、内定率も上がると伝えましたが、これには少し心配な点があります。

それは、各担当者のアドバイス内容がバラバラだと、『結局、何を信じればいいのかわからなくなってしまう』ということです。

転職エージェント各社では、扱う求人も違いますが、所属するエージェントの研修制度もバラバラです。

担当者の質を、所属するエージェント会社だけで測ることはできませんが、求職者にとっては、受けるアドバイスの内容が違っては、企業に対して効果的なアピールができなくなってしまいますよね。

いろいろな意見をそのまま鵜呑みにするのではなく、自分自身でもアドバイスの内容を判断することが大切です。

4.転職エージェントの複数登録の注意点

転職の注意点

転職エージェントの複数登録には、いくつかの注意点があります。

この注意点を抑えないと、エージェント側にも応募する企業側にも悪い印象を与えかねないので、しっかりと確認しておきましょう。

掛け持ちしていることを伝える

まずは、登録した転職エージェント各社の担当者に、別のエージェントと掛け持ちしていることを伝えることです。

別のエージェントを使っていると言ったら、印象が悪くなりそう」などと、心配する必要はありません。

むしろ、エージェント会社としては、最終的に自社経由で転職してほしいと考えているので、他にどの会社を利用しているのかを把握しておきたいと思っています。

そして、その競争意識から、積極的に求人を紹介してもらったり、選考のスケジュールの調整を早くに設定してもらえるなど、転職者側のメリットにもつながるのです。

重複応募は印象が悪い…

重複応募とは、同じ求人に別の転職エージェント経由で応募を出すことを言います。

もし、選考を進めている中で、同一人物から複数応募があったら、企業はどう思うでしょうか?

この人は、すでに応募したことも覚えていない。管理能力がない人なのか」と思われてしまうかもしれません。

また、エージェント側も、求職者と連携が取れていない会社と企業に判断され、信用を失いかねないので重複応募はなるべく避けたいと考えています。

そのため、掛け持ちしているということだけではなく、『どのような求人に応募を出したのか』まで、担当者に伝えられるといいでしょう。

5.転職エージェントの分類と複数登録するエージェントの選び方

まず、転職エージェントはいくつかの分類に分けられます。

転職エージェントの分類(看護rooなし)
  • 総合型・・・幅広い職種・業界の求人を扱う
  • 特化型・・・特定の職種・業界の求人を扱う

特化型は、ITやweb、ゲーム業界のエンジニアやクリエイター、医師、看護師、薬剤師などの、技術職や専門職と言われる職種の求人を扱っている転職エージェントをさします。

一方で総合型は、さまざまな職種や業界の求人を扱っています。

そして、希望する職種によって総合型か特化型を選んで登録し、その際には、大規模エージェントと小規模エージェントをバランスよく登録することがおすすめです。

なぜなら、大規模エージェントは、登録者も多いので、担当者一人一人が求職者にかける時間が少なくなってしまうため、サポートが物足りないと感じることがあります。

そのため、大規模エージェントの豊富な求人を情報を得つつ、小規模エージェントでは充実したサポートを受けることが転職エージェントに複数登録し、転職を成功させるコツと言えます。